お風呂での時間の使い方

日忙しく過ごしていると、なかなかボディケアの時間もしっかり取れないですよね。
そんなときは、「入浴中だけはボディケアに充てる!」というのはいかがでしょう。

お風呂にゆっくり浸かるのは、健康な体を保つためにも重要です。
夜、ぐっすり眠るためにもお風呂で心身を癒すように心がけるのはポイントです。

例えば、入浴中のボディケアとして「半身浴」を提案します。

「半身浴」は心身のストレス解消に効果があります。
「半身浴」とは、おおよそ20分以上、だいたい38~40度の湯船に浸かるもので、体の中心部からしっかりと温もります。
ただ、注意していただきたいのは、肩までどっぷり浸かってしまうと心臓にダメージがくるので、
湯舟に浸かるときは、みぞおちの下までにしましょう。

冷え性でお困りの女性には大変効果のあるこの半身浴。
じっくり半身浴をすることで、低下していた新陳代謝機能が向上し、しっかり汗が出るようになるので、冷え性の解消が期待できます。

あわせて、マッサージも一緒に行うといいでしょう。

マッサージは体が温かいときにやった方が効果が見込めるので、入浴中のマッサージはおすすめです。
この入浴時間を有効活用することで、ダイエットも夢じゃないかもしれません。
あとは、入浴剤の中にはボディケアに特化したものなども開発されているので、一度試してみてはどうでしょう。
さらに、湯船にアロマオイルを数滴垂らせば、香りの癒し効果も得られます。

お気に入りのアロマオイルを使えば、ボディケアとともに心のケアも一緒に行えるので、一石二鳥です。

私の場合は、お風呂で白髪染めをしているので、染まり上がりまでの30分ほどをボディケアの時間にあてています。
最近ではスマートフォンなどの防水カバーも出ているので、それで時間を潰すのもいいでしょう。
お風呂で使える白髪染めはこちらのサイトで詳しく紹介されているので、チェックしてみてくださいね。


冷え性体質の方は、まずはじめに冷え性改善のボディケアから始めましょう。

なぜなら、冷え性があるかないかで、ボディケアで得られる結果が大きく変わってくるからです。
冷え性の原因といえば「血行不良」がよく挙げられると思いますが、実は、ダイエットも冷え性の原因となる場合があるんです。
それは、ダイエットのために食事の量が減ると、カロリー消費による体内の発熱量も減ってしまうためです。
そのため、ダイエットも大切なボディケアのひとつではありますが、度を越してしまうと、冷え性のように、健康状態に影響が出てしまいますので、十分注意しましょう。
また、ダイエットに関連して、少しでも細く見せるために、冬場でもできるだけ薄着で生活される方がいますが、
これも冷え性の一因となり得るのでやめておきましょう。
それでは、効果的な冷え性改善のボディケア方法ですが、主なものとして、「筋トレ」や「マッサージ」、「ストレッチ」があります。
「冷え性改善に筋トレ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、筋肉の量が増えると、体が温まりやすくなるんです。
ですので、少しずつでも構わないので、腹筋や腕立て伏せなどのトレーニングを始めてみましょう。
最近では、「スロートレーニング」と呼ばれる、負担の少ない筋トレ方法も注目されていますので、そういったトレーニング方法も試してみるといいかもしれません。
そして、マッサージや、ストレッチですが、これは血行不良の改善に効果が見込めます。
特に、体が温まっている入浴後のマッサージやストレッチはおすすめです。
このように、筋トレやマッサージ、ストレッチなどをうまく組み合わせながら、冷え性改善に取り組んでいきましょう。

 

 


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “お風呂での時間の使い方”




By submitting a comment here you grant 長く使い続けるから白髪染めは安全なものを a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.