わずか10gで発ガンの可能性を持つ危険な成分

AU133_L

ヘアカラーは髪へのダメージが大きいことで知られています。
しかし、実際は髪へのダメージに留まらず、

ヘアカラーの有害成分によって

健康被害が出ることをご存じでしょうか?

 

ヘアカラーには、

  • パラフェニレンジアミン
  • アミノフェノール
  • 防腐剤のレゾルシン
  • 過酸化水素
などの有害化学物質が含まれており

アレルギー性接触皮膚障害、腎臓障害、呼吸困難、がんなどを

引き起こす原因になっていると言われています。
中でも多くの染毛剤に含まれる「ジアミン系」成分は

発がん性があることが、認められており注意が必要です。

 

 

<染毛剤に含まれる発ガン物質「ジアミン」>

ジアミンは、 IARC(国際がん研究機関)公認の発ガン性物質であり、

長期間の使用によってガンが発生するリスクが認められています。

 

ジアミンの中でも特に毒性が強いと言われているのが

「パラフェニレンジアミン」であり、成人の経口毒性はわずか10g。

急性肝不全、喘息や急性呼吸不全を引き起こし、最悪のケースではガン発生に至ります。

経皮毒性でよく発生する症状は、アレルギー性接触皮膚障害です。

しかし皮膚吸収により体内に蓄積されるジアミンは

長期使用により経口毒性と同じ健康被害を伴います。

 

 

<ヘアカラートリートメントの使用がおすすめ>

現在はジアミン系などの有害化学物質を使用することなく、

染色ができるヘアケア商品の開発が進んでいます。

その代表格が「ヘアカラートリートメント」。

長期間使用できる低刺激な染毛剤として人気が高く、

安全にキレイに染まる商品が数多く販売されています。

 

ジアミン無添加だけでなく、パラベン・鉱物油・合成香料も使用されておらず、

アレルギーテスト済みの商品もあります。

 

植物由来のトリートメント成分配合で保湿効果もあり、

ヘアカラーをしながら髪に潤いを与えることができます。

 

 


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “わずか10gで発ガンの可能性を持つ危険な成分”




By submitting a comment here you grant 長く使い続けるから白髪染めは安全なものを a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.